犬の歯周炎について

ペット

はじめに

愛犬グリュックの抜歯を終えて数ヶ月が経ち、経過もかなり良好なので抜歯に至るまでの経緯からいくつもの病院を巡った結果出会えた最高の病院の情報など書いていきます。是非同じ悩みを持つ方の参考になれれば嬉しいです。

そのときの心情なども綴っていてかなり長くなってしまいましたので、気になる見出しから飛んで必要な情報だけでも読んで頂けたらと思います😅

犬は虫歯にならない?!

はじめにグリュックが初めての犬ということもあり(完全に言い訳ですが…)ネットの(都合の良い)情報を鵜呑みにしてしまった結果このような事態になってしまいました。

犬にも歯磨きが必要と書かれているサイトも山ほどあったのですが、なかなかうまくいかず「犬は虫歯になることはありません」と書かれていた記事を読んで「それなら歯磨きも無理にする必要はないかな」と思ってしまったことが何よりの間違いでした。

結論から言うと確かにどれだけ放置をしても虫歯になることはなかったです。

異変を感じ始めた頃

7歳くらいまでは歯磨きをしなくても口臭もまったくなく健康的に過ごしていました。

やっぱり歯磨きは無理にする必要なかったんだなあなんて楽観視していたのですが…

ある時から口臭がするようになり、歯石も少したまっている様子だったのでたまたま金物市で見つけた歯科用のスケーラーを使って自力で歯石取りをしていました。

ちなみに歯磨きガムは様々な種類のものを何度も与えてみましたが偏食なので一切興味も示さずでした😅

ついに病院へ

自力で歯石取りをしていた頃に何度か失敗して歯茎を傷付けてしまったことで、スケーラーを見ると逃げるようになってしまいました。

自力で歯石取りも出来なくなって、それでもしばらく放置していると口臭がどんどん酷くなってきてしまいついに病院で麻酔をかけて歯石取りをしてもらうことになりました。

全身麻酔で不安でしたが歯石取りも無事に終わり「このくらいは普通だよ😄溜まったらまたおいで😄」という獣医さんの言葉に安心してしまったことも悲劇の一因だったと今では思います。

体調に異変が

動物病院では歯石取りに「またおいで😄」と言われたものの、3キロ弱しかないグリュックに何度も全身麻酔をかけるのは抵抗があったのでなかなか踏み出せずにいました。

また口臭が酷くなってきたなと思っていた頃、寒くもないのに時折部屋の隅で震えながら唸るようになりました。

食事の時も前歯に当たるのを避けているのか恐る恐る食べるような仕草をするようになってきたので、痛みが出てきたのではないかと思い病院へ連れて行きました。

自然派志向の獣医さん

引っ越しで遠くなってしまったこともあり、この時は最初に歯石取りをしてもらった動物病院とは別の動物病院に通っていました。

狂犬病やワクチンで何度かお世話になっていたのですが、しつけ論なども犬の立場からの視点で教えて下さったりと自然派志向な獣医さんで好感を持っていました。

歯が痛そうなのと、匂いも酷いから抜くべきかどうか尋ねたのですが「抜けるようなら自然と抜けるから無理に抜かずに放置で大丈夫😀臭い子はもっと臭いからこのくらい可愛いものよ😁」とのことで、こちらとしてもなるべく歯を残す方向で治療を進めて行きたいと思っていたのでまた少し安心してしまいました。

治療としては抗生剤を処方していただきました。

しかし体質に合わないのか、抗生剤を飲むと口臭はおさまるものの決まって体調を崩すようになってしまいました…

それを伝えると注射での治療に切り替えてくれて、またしばらくは調子がよくなるのですが2週間ほどでまた口臭と体調が悪化するという繰り返しでした。

セカンドオピニオン

このペースで注射を打ち続けるのは体に良くないのではないかと不安になってきたのと、歯周炎を放置すると顎の骨が溶けてしまうという事も知って根本的に治療をしないとまずいと思いセカンドオピニオンを受けることにしました。

確固たる信念を持っている自然派志向の獣医さんに素人意見で「抜歯をして下さい」とはなんとなく言いづらかったというのも理由の1つです😅

セカンドオピニオンにはネットのクチコミを見て近隣の中では評価が高めの動物病院に行きました。

さすがは評価が高いだけあって外まで行列が出来ていて、事前に電話をしていたのですが診察までにかなり待ちました。

診察の結果は「気になるなら抜いても良いかもね。ちょうど今なら〇日の枠が空いてますけど手術の予約しますか?」という感じで口調の丁寧さとは裏腹になんだか急かされてるような違和感を感じつつも予約をしました。

でも普段は病院でも尻尾を振って注射も怖がらないグリュックが診察だけなのに数人がかりで押さえつけられ診察が終わっても震えていたことがずっと引っかかっていて、予約は次の日に電話でキャンセルしてしまいました😔

その後も2、3軒連れて行ったのですが「このくらいなら抜く必要はないけど飼い主さんが気になるなら抜いてもいいんじゃない?」というような診断でした

なるべく歯は残したかったので抜かなくて良いならそのままにしておきたい気持ちはあったのですが、つらそうな姿を見るのも薬を与え続けるのももう限界でした。

犬の歯医者さん

調べに調べた結果、犬の歯科専門医がいるということを知りました。

抜くにしろ抜かないにしろ専門医の診察を受けようと思い、近所で探すことは諦めて多少遠くてもきちんと診察してもらうことにしました。

参考にしたサイト

歯科専門の所に問い合わせをしようと思ったのですが、たまたまその時期は新規の受付をしていないようだったので歯科治療に強い動物病院をクチコミを元に探すことにしました。

口コミ: 全国のイヌの歯周病 123件【動物病院口コミ検索Calooペット】
全国のイヌを診察する歯周病に関する動物病院口コミ 123件の一覧です。

このクチコミの中から気になる病院をいくつか絞って、さらに病院名で直接検索をしてGoogleのレビューを参考にさらに絞り込みました。

その中から電話で話してみた感じで、1番丁寧に診察してくれそうな病院に行ってみることにしました。

杉並区の病院に決めました

問診の際にもこちらの疑問、質問に全て丁寧に答えて頂けたこと、手術の様子もガラス張りの隣室から見学・撮影が可能なことなどが決め手となりました。

手術前の同意書に「許可なくSNSなどに写真などを掲載しないこと」というような項目があったので一応病院名も伏せておきますが、荻窪にある歯科治療に強い動物病院といえば1つしかないのですぐにわかるかと思います😊

ちなみにすぐ隣には親族の方がやられている人間用の歯医者さんがありました😄

いくつかの病院で「普通」と言われた歯

ちなみにこちらが術前のグリュックの歯です

歯茎が下がって歯の根元が出てしまっている状態でした。

確かにもっと酷い子がいるというのも本当だとは思いますが、痛みがある以上素人目に見ても「普通」の状態ではなかったです😔

手術前の検査

レントゲン、血液検査、エコーなどなど様々な検査の後に説明を受けました。

血液検査の結果が歯茎の炎症のせいである項目(忘れました😅)の数値が上がっているということと、コレステロール値が平均より低いというところ以外はすべて正常値なので手術は問題ないとのことで安心しました。

手術開始

手術室の隣の部屋へ案内され、ガラス越しに手術の様子を見学しました。

1時間以上かけて隅々まで歯石取りをしたあと、1本1本詳細にレントゲンを撮りながら丁寧に観察をして下さりました。

X線を浴びるのが気になる方向けに保護布のついたても用意されている徹底ぶりでした!

最初の数枚は後ろに隠れていましたが撮影の回数が凄いので後半はそのまま見ていました笑

いよいよ抜歯

一通りレントゲンを撮り終わった頃に手術室に呼ばれて説明を受けました

現在の歯の状態や新たに見つかった口内炎、その口内炎の原因に至るまで詳細に説明をして下さりました。

直に患部を見ながらレントゲンも使って抜歯した方が良い歯、その理由など本当に細かく教えて頂いて、更には今後歯周炎になりそうな場所や歯磨きが難しい歯の説明も受けました。

その上で抜く歯、残す歯の最終判断をこちらに委ねて下さりました。健康な歯を抜くのには抵抗がありましたが、再び手術をすることになるリスクを考えると歯磨きが難しく今後歯周炎になる可能性が高い歯も抜いて頂くことにしました。

医師免許を持った良心価格のブラックジャック

ブラックジャックの定義が壊れまくりですが笑

手術の手際を見ての正直な感想です笑

神業としか例えようのない的確かつスピーディな抜歯、縫合、洗浄でした。

虫歯が出来たら自分の歯の治療もお願いしたいな…とつい思ってしまうほどでした。

バッチリ写真も動画も撮ったのですが載せられないのが残念です😣

術後のありえない光景[動画あり]

術後は病院の外で30分ほど麻酔が切れるのを待ってから再び病院へお迎えに行きました。

グリュックはさっきまで手術をしていたとは思えないくらい尻尾を振って元気に出迎えてくれました☺️

術後30分のグリュック

さっきまで見てたのは夢だった…?と思うくらい何事も無かったかのような姿に本当に驚きました😅

麻酔の量も必要最小限だったのだろうなと改めて先生の神業ぶりに感動しました。

術後~現在

帰宅後しばらくして部分麻酔か切れたのか痛みが出てきたようで少し元気がなくなりましたが、次の日には術前よりも勢いよくご飯も食べれるようになって元気に走り回っていました☺️

こちらが現在の様子です

溶ける糸で縫合して頂いたため、抜糸の必要もなく徐々に綺麗になっていって今では元々歯なんてなかったかのような綺麗な仕上がりです笑

前歯以外はほとんど残すことが出来たので硬めのジャーキーも食べれますし、普段の食事にも何も影響がありません。むしろ歯周炎と口内炎が治ってから食欲が増しました😊

チラッと写っている親指の爪は数ヶ月前に歯磨きをしようと捕まえたときに噛まれたのですが、それにめげず再発しないように歯磨きは毎日続けています😣

我が家での歯磨きの方法や使っている歯ブラシなどはまた別の記事にまとめようと思います😃

コメント

タイトルとURLをコピーしました